「地元の木をふんだんに使う」ことが理想です。

本当に健康で快適な住まいとは、気候風土との調和によって実現するというのが
「山田技建 住宅事業部 アイホーム」の考え方です。
木には年輪がありますが、これは四季という環境によって生まれるものです。
熱帯地方など四季のないところで育った木には年輪がありません。
年輪とは、四季の変化に対応し、木が成長と休息を繰り返した証なのです。

四季のあるところで育った樹は、木に生まれ変わってからも四季の変化にうまく反応しようとします。
湿気の多い時には吸湿し、少ない時には蓄えた水分を放出します。
また、冬温かな木の床や板が、夏はひんやりと心地よく感じた経験は、誰もがお持ちのことでしょう。
こうした木の持つ調湿力や調温力は、住まいと同じ環境に育った木であればあるほど、その自然環境にうまく対応できるのです。


知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!



  1. ホーム
  2. 施工へのこだわり 「地元の木をふんだんに使う」ことが理想です。