伐採された木は生きています

木は伐採され木材となってからも呼吸を続けています。
「木は生き物だから伐採した時点で死んでしまう」
そう考える人が多くいるのも致し方ないことだと思いますが、それは違います。
木は伐採しても生き続けていきます。ただその成長が止まるだけです。
生きているので、木材は呼吸をします。温度や湿度によって膨張・収縮もします。
建築に携わる人間はよく「木は生きている」と言いますが、その「生きている特性」を知ることでよりよい住まいづくりが可能となるのです。
天然木の家の湿度の調整機能や消臭殺菌効果も、木が呼吸をしているからです。
天然木の家は、家族と共に生き続ける家だということができます。
それは、住まう人を優しく包んでくれる「いのちの箱」なのです。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!



  1. ホーム
  2. 無垢の木伐採された木は生きています